爪もみ普及委員会

リウマチとは

「リウマチ性疾患」とは筋・骨・関節の疾患です。また、「自己免疫疾患」とは自己に対する異常な免疫のために引き起こされる疾患です。一方、「膠原(こうげん)病」という言葉もあります。これは昔は病変の主体が皮膚の結合組織の中の膠原線維にあると思われていたためですが、現在でもよく使われています。自己免疫疾患のうちのリウマチ性疾患がほぼ膠原病と同じということになります。関節リウマチは広い意味の膠原病に含まれます。

症状は、関節痛、関節の腫れ、朝のこわばり、関節の可動域制限、関節変形など。(Yahoo!ヘルスケア 家庭の医学 より)