爪もみ普及委員会

頻尿とは

精神的な緊張が原因となって、トイレが近くなる病気です。高齢者には割と少なく、中年から若い人、子どもに多い病気です。性別はあまり関係しません。

症状はトイレが近いです。これに、残尿感(トイレに行ってもすっきりしない)、尿意亢進(尿が少したまってもトイレに行きたくなる)などが加わることもあります。尿意が気になって、何度もトイレに行くようになります。ある社会的な状況にあるときに症状がでるのも特徴です。例えば、通勤のために電車やバスに乗るときや、ある特定の人に会うときに症状が起こります。逆にいうと、寝ている間や趣味などに熱中している間は、トイレに行きません。症状と状況の関係は、本人も自覚している場合が多いです。(Yahoo!ヘルスケア 家庭の医学 より)