爪もみ普及委員会

高血圧とは

「沈黙の殺人者」――高血圧はこう呼ばれています。静かにゆっくりと忍び寄り、そしてある日突然に心臓病や脳卒中などにより死に至らしめる。それが高血圧です。

高血圧には特有な自覚症状はありません。高血圧は長い時間をかけて進行し、血管を障害していきます。その結果、動脈硬化を原因とした心臓病や脳卒中などの合併症の引き金となります。つまり、何らかの自覚症状が出てきたということは、すでにこれらの合併症を発症しているということで、その合併症による自覚症状の可能性が高いのです。(Yahoo!ヘルスケア 家庭の医学 より)