爪もみ普及委員会

顔面神経痛とは

顔面の知覚をつかさどる三叉神経の障害により、顔面の主に片側に針で刺すような強い痛みを引き起こす疾患。

世間でよくいう「顔面神経痛」といわれる病気は、顔がぴくぴくと引きつる顔面けいれんという病気と、顔に激痛が走る三叉神経痛という2つの異なった病気のことをいいます。症状はまったく異なるのですが、どちらも顔に異常をきたす病気で、さらにその原因も似通っているために同じような治療法で治すことができます。(Yahoo!ヘルスケア 家庭の医学 より)