爪もみ普及委員会

不安神経症とは

不安神経症の症状には、精神的症状と身体症状があります。精神症状としては、不安、過敏、焦燥(しょうそう)、緊張、混乱、抑うつなどがあり、身体症状としては、動悸、頻脈(ひんみゃく)、胸部不快感、胸痛、息切れ、呼吸困難、めまい、ふらつき、下痢、腹痛、不眠、しびれ感などいろいろな自律神経症状があります。また、行動上の問題としては、ある状況や空間を怖がる、社会適応がうまくいかない、アルコールや薬物に依存するなどがあります。(Yahoo!ヘルスケア 家庭の医学 より)