爪もみのやり方

爪もみのやり方

(1)爪の生え際の角を、反対側の手の親指と人差し指で両側からつまんでもむ
(2)両手の親指、人差し指、中指、小指を10秒ずつ少し痛いと感じるくらい刺激する
(3)1日に2・3回行う。やりすぎは厳禁

以上です。簡単ですよね? 爪の生え際の角って言葉で書くとピンポイントでそこを攻めないといけない感じですけど、だいたいな位置でOKです。 少し強めの力でつまむと痛みを感じると思います。つまむのが弱すぎてもダメですが、血が出るほどつまんでもダメです。

朝・昼・晩と1日に3回爪もみをするのがベストです。 朝の通勤・通学の電車の中、車で信号待ちの間や、お昼ごはんを食べた後、 夜、お風呂に入っている時など場所、時間を選ばずできるのが爪もみのいいところです。

爪もみの画像